2011年06月04日

左利きと右利き

アインシュタイン、モーツアルト、アル・カポネ、大鵬、ビル・ゲイツ、ウイリアム王子の共通点は何でしょう?

答えは、左利きだということ。
ドイツ人のおよそ15〜20%が、左利きだというデータもあるんだそうです。日本人は右利きが多いです。

日本人は、かつては左利き人間に対してネガティブな先入観をもっていました。「左利きは早死にする。」とかどこかの地方で聞いたことがあります。最近まで陰口がささやかれていた時代でした。
左利きであることが、その人の弱点、さらには病気であるかのような認識を持つ者も少なくなかったようです。

昔からの習慣で日本では、左利きを右利きに矯正するのが常でした。最近の研究ではもともと人間は左利きなんだそうです。しかし伝統的に日本では右利き用に物や制度が優先されているから、右利きに矯正をしていた。それで左利きの人を見ると躾がなっていない。という系譜になるんだそうです。
インドを筆頭になんかは握手は右手ですから、国際社会の場でも握手は右手と決まっているようです。

ある新聞の記事では、「学校でも職場でも、自分が好む利き腕で作業する自由があります。かつて、右利きへの強制矯正を試みていた学校でも、右利きの生徒と左利きの生徒が隣同士に座る際は、互いの肘が邪魔にならぬよう、右利きの生徒を右側に、左利きの生徒を左に座らせる配慮を見せるほど寛大になっています。」とのこと。
いろんなところに気を遣っているのが分かります。

ラベル:左利き 右利き
posted by khanchit at 17:54| Comment(0) | anthropology | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。